2011年05月20日

森崎書店の日々

例によってあらすじは検索くんしてはいよ。

ま、端的に言うと、男に振られた主人公が立ち直るまでのハナシなんだけど。

好きだな。

「ガンバレ」じゃないの。本人の自然治癒力に任せている感じ。

しんどいときって。ガンバレ言われても、頑張れないし。じっとしとくのが一番だと思っているです。で、そのうち「なんかせなん〜〜」とか自然に思えたら動けるよね。

本人の治癒力もさることながら、森崎書店の時間。ゆったりとして、押し付けない、でも、寄り添う。そして、伯父さん!叔父さん(どっちの字かな。母の弟のおじさん)。

ワタシも、誰かの太陽になりたいなあ。
posted by とも at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | えいが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八日目の蝉

例によってあらすじは検索くんしてはいよ。

どうなんだろう。ワタシはこども産んだことないし。欲しいと思ったことも正直ない。
が、不倫相手のこどもを身篭り・・・。

ネタバレにならずに言えるのは「男っていつでも同じこと言うよね」と。「ちゃんとするから」とかねwww。

ただ、永作の表情。空っぽと慈愛と。

子供を誘拐するって普通じゃ考えられないことで。でも、そうしてしまったのが不自然じゃない。

評価分かれると思う。でも、永作が誘拐した子供をいかに慈しんで育てたか。それは確かなこと。

そして、そのせいで、苦しむ家族もいたよね。どっちの気持ちもなんとなく分かる。

重たい。
posted by とも at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | えいが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

八日目の蝉 森崎書店の日々

後日。
posted by とも at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | えいが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

夢十夜

こんな夢をみた。

漫画を読んでいる。表紙はべるばらなのに中身はがらかめ、そして、違う漫画に移っていく。

夜、寝るたびに同じ夢と金縛り。

毎日毎日、デジャブを感じながら過ごす毎日。

ある日、兄に『ワタシってもう死んでるのかな?』と聞くと、正解とのこと。

その瞬間から息が苦しくなり、自分が消えていく感覚、そして、見知った風景、人たちが延々と。


次第に金縛り。 声も出なくなっていく。遠退く意識。ああ、これで成仏できるんだ、と。




そこで目が覚めた。
生きてたです。でも、夢の瞬間、すごく普通に消えていく自分を受け入れてました。


そして。自分が死んだことが分からない魂がもしかしたら沢山いるのかとも。
posted by とも at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

no-title

2011031114500000.jpg2011031114550000.jpg2011032213410000.jpgP1001799.jpg
posted by とも at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | おしばい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

英国王のスピーチ

久々にリアルタイム?更新。かの話題作をやっとこさ観てきました。
あらすじは例によって検索くんしてください。
ま、簡単に言うと吃音に悩む王子がそれに立ち向かう話なんだけど。

コリン・ファースは素晴らしく。気位の高さと、人間としての弱さと。
ジェフリーラッシュも、経験に基づいた、人生の深み。
ヘレナ・ボナム・カーターも、支える、強さ。愛。

人間が人間として、自分の弱さに向きあうこと。コンプレックスに向きあうこと。
大切だなあ、とあらためて。

この映画で何がステキだったって、シリアスな話の中にところどころのユーモア。そしてそれが韻を踏んでること。さすが、ユーモアも上品なお国柄です♪

あと、選曲が素晴らしく。クラシックメインで。

クライマックスの演説のシーンはワタシが最も大好きな曲・・・というと変な人と思われるかもしれないですが、自分の葬式でかけてほしいなあ、もしくはオケの友人連中で演奏して欲しい<遺言?。でも、今から第二次世界大戦に突入!という演説のシーンに相応しい。最初にライオネルの診療所でかかる曲もそうだけど、センスがすごくワタシは好みでした。

繰り返しますが「自分の弱さに向きあうこと」。自分の弱さを「ダメダメ」と思うのではなくて「弱さも自分の一部なんだ」と思えるようになること。それが大切なことなんだと思います。

ま、もっとも、わたしゃ、自分を甘やかしすぎてますが(^^;;。
posted by とも at 00:32| Comment(2) | TrackBack(1) | えいが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

サダヲちゃんのこと。

いやいや。ワタクシ、このトシにしてはまりました。サダヲちゃん。

ワタシですね、人の名前と顔が一致しないのが特技というくらい特技で、で、映画とか芝居とか観ても(もともと誰が出るとか、どんなハナシとか、筋入れていくと「役」じゃなくて「役者」を観てしまうからあんまりしない)誰が出ていたか全然分からず、後でパンフを読んで「ああ!この人だったのね!」と気づくこと、毎回。

で、何気なくNHKでやっていた「あべ一座 旗揚げ公演 あべ上がりの夜空に」
を観たところ、阿部サダヲってこの人か!!!と一致。名前はよく聞くんだけどなあ・・・ってのが昨年のハナシ。

それからもうあの笑顔に「とりこ」でんがな。

好きな役者はたくさんいます。でも、最初に述べたように、あ、この人が出るんだ!って行くことはないの。すべてハナシ自体ににそそられるかそそられないか。

サダヲちゃんの「なくもんか」も知ってたけど、いまいちそそられなくて未見。でも観るですよ。サダヲちゃん。

ここにきてはまったなあ・・・。


posted by とも at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | おしばい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

掃除機が来たよ。

2011030218230000.jpg


掃除機がきた。
ダンナさんが実家のお母様に頼まれて、掃除機を買ったのだけれども、その使い勝手がものすごくよかったらしく「いいなあいいなあ」と言ったらお母様が「買ってあげるよ」と言って買ってもらったもの(ありがとうございます)。

で、使ってみた。

たしかにいいわ。ハウスダストを探知するセンサーがついていて、ゴミがあるところは赤、ゴミがなくなったところは青になるのだ。これ、意外と面白い。なんだ、まだゴミがあるじゃん!って頑張って掃除しちゃうのだ。今まで、眼に見えるゴミしかお掃除していなかった「ずぼら」なワタシにぴったり??

で、本体も軽く、使い勝手ものすごくよく。

ただ、問題はいつまでたっても掃除が終わりそうにないことか(笑)。意外とワタシ、凝り性なので・・・(^^;;。


posted by とも at 18:23| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。