2011年09月16日

素晴らしき哉人生!

お江戸旅行記も夢十夜も置いといて。忘れないうちに先に書くです。

午前十時の映画祭。

アメリカ?の田舎町から出たかった主人公がいろいろあって出れなくて、いろいろあって最後に自殺したくなったとき、天から天使が舞い降りてきて、みたいなハナシ。

むっちゃほんわかしたです。

天使モノといえば「ベルリン天使の詩」が譲れないんだけど、譲ってもいいと思ったくらい。
あ。「俺達は天使じゃない」が初めての天使モノだったか。号泣した(当時、高校生だったからな〜ピュアなワタシだったのか?)。

天からの目線って何なんだろう。守護天使とか。日本では根付いてない思想だよね。
日本だと、ご先祖様、が近いのかな?
(あ、守護天使といえば、また脱線しそうだが、カンニング竹山さん頑張ってたね♪)


あと、ネタバレするから見ないでね。









クライマックスで。自殺を思っている主人公に、彼が産まれてこなかった世界を見せます。
人はひとりいなくなっても、周りの人生にも影響を与える。

ん〜〜映画を観た後でほんわかして、改めて自分が幸せで、いろいろ考えちゃった。


posted by とも at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | えいが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。